購入店選び

Pocket

はんこは実店舗で購入する方法以外に、ネット通販で購入する方法があります。近くのはんこ屋に行ってみたけれど、いまいち良いはんこが売っていなかった、近場にはんこ屋がないという人は、はんこをネットで購入することをおすすめします。オンラインショップを運営しているはんこ屋は数多くありますが、お店があり過ぎてどこで買えばいいのか決められなくなる人もいるでしょう。このような人は、ここであげる要素に注目してみると、はんこ屋を決めやすくなるはずです。

まず既製品なのか一本一本手彫りなのか、ここをチェックしましょう。認印のような重要度の低いはんこは機械彫りで大量生産されているものでもかまいませんが、実印や銀行印のような重要度の高い印鑑は、偽造されにくい手彫りのはんこが選ばれるケースが多いです。認印でも世界で一本しかないはんこをプレゼントしたい場合には、手彫りで仕上げてくれるショップではんこを購入するとよいでしょう。

ほかには、はんこの値段はショップによって違いがあるため、安く抑えたい人は他店と比べてリーズナブルな価格ではんこを販売しているところがよいでしょうし、余計な費用をかけたくない人は送料無料のところがよいでしょう。また、プレゼントをする日まで余裕がない場合には、即日発送に対応しているショップを候補にすると、早くはんこが届いて贈りたい日までに間に合う可能性が高くなります。

材質・書体・サイズ

Pocket

誰かにはんこをプレゼントする場合には、はんこの材質、書体、サイズを選択しなければいけません。要素別にどういう点に注目して選べばよいのか解説しますので、はんこ選びの参考情報としてお役立ていただければ幸いです。

まず材質ですが、象牙、黒水牛、チタン、パールスティックなど、数多くの種類があります。材質によって見た目の違いがあるだけでなく、耐久性の差があります。見た目の高級感があり、耐久性能に優れているはんこほど、値段は高くなります。

次に書体ですが、印相体、古印体、篆書体、行書体、隷書体、楷書体といった具合に、複数の種類があります。判読のしやすさや文字の形の美しさに違いがあります。実印は印相体や篆書体が、銀行印は古印体、篆書体が、認印は古印体や隷書体を選ぶ人が多いです。

はんこのサイズに関してですが、実印は男性の場合15mmか16.5mm、女性の場合13.5mmか15mmを選択する人が多いです。銀行員は12mmか13.5mm、認印は10.5mmか12mmを使用する人が多いです。

なお、注意したいこととして、実印や銀行員は各市区町村や金融機関によって、登録可能な印鑑、登録不可能な印鑑の条件が定められています。一例として実印は8mm以下、25mm超のものは登録不可となっていたり、判読困難な印鑑は登録不可となっていたりします。実印や銀行印購入する際には、事前に登録する自治体や銀行のルールを確認しておく必要があります。